google.com, pub-2213873217873486, DIRECT, f08c47fec0942fa0 本業にできる副業・在宅・ネットビジネスの選び方 | 自力で稼ぐネットビジネス
スポンサーリンク

本業にできる副業・在宅・ネットビジネスの選び方

貧富の格差が大きくなり大多数の国民の貧困化が進む日本社会。

一億総中流といわれバブルがはじけると言われながらそれでも所得が毎年上がっていた1980年代。

今思うとギラギラとしていても活気に満ちていました。
今日よりは明日のほうが生活が良くなるとみんなが単純に信じ込んでいました。

植木均のスーダラ節と日本一の無責任男が象徴する能天気な明るさ。

失礼しました。
そんな時代は知らないよという人が既に大半なのかも。

夢から覚めてみれば平均寿命が伸びたぶん、将来に対する不安もそれだけ大きくなってきます。

「下流老人」・「老後破産」という言葉を目にする機会も増えて来ました。
嫌な言葉ですが、普通に会社勤めをしていて自分は「中流」だと思っていた人がいつのまにか「下流」に落ちているという現実があります。

三大銀行グループがフィンテックの導入を図るいっぽう数万規模の人員削減を発表するなど、
AIの驚異的な発展で、多くの分野の仕事がとってかわられてゆくことでしょう。

自分の仕事は機械で代替できないものと思っているかもしれませんが、
はたしてそうでしょうか?

たとえ代替出来ないにしても会社そのものが突然死してしまうかもしれません。

もしそうなったとしたら再就職できますか?
中高年の場合、もしできたとしても条件は現在のものより大幅に落ちる可能性が大きいです。

肉体労働は体力的にも厳しいですよね。

そのような厳しい背景を踏まえて副業の需要が高まっています。
日本政府も副業容認の政策を進めてています。

もしあなたが専業主婦としたらご主人が突然リストラに会う、勤めていた会社が倒産して失業するというリスクを考えておくべきです。

将来への保険・今の生活をもう少しだけ余裕を持たせるために副業を考えるのは賢明ですが
せっかく貴重な時間をつかって行う副業なのですから、
ゆくゆくは本業にできるあるいは本業以上の収入を見込める副業を選ぶべきです。
たんなる労働集約的な副業を選んでも将来の展望は開けません。

スポンサーリンク

ネットビジネスの種類

簡単な副業といえば、まず頭に浮かぶのはネットビジネスかもしれません。

どんなネットビジネスが自分に向いているのだろう。
また種類が多すぎて何から始めればいいのか分からない。
そんな風に思っている方も多いと思います。

たしかにネットビジネスといってもいろいろな種類があります。
私はほぼすべてを経験してるので最短の稼ぎ方を今ならご案内できます。

ごく大雑把にいえばネットビジネスは大きく分けて、2つに分かれます。

物を売る物販系と情報を売る情報販売系です。

また、ネットで収入を得るという意味ではFX・株・バイナリー等の投資もありますが、
少しスタンスが異なるのでネットビジネスの範疇には入れませんでした。

それぞれの代表的なものは

物販系

・転売(せどり)
国内転売
輸出転売
輸入転売

ネットビジネス初心者がまず初めに取り組みやすいのはこの分野の国内転売です。
本に限らず家電製品などを安い店で買ってアマゾンなどで販売する訳ですが「せどり」とも呼ばれています。

出品・販売できるネット上のサイトを利用して自分が売りたいものを
販売して売り値と仕入れ値の差額で利益を得ます。

ネット上の小売店なのでビジネスモデルも分かりやすいですね。
具体的に形のあるものを販売するので価格さえ適正ならば普通に売れていきます。

ヤフオクの名前は聞いたことがありますよね。
あるいは、欲しいものを安く買うために利用しているかもしれません。

買う側から売る側に回って販売するだけで立派なネットビジネスです。

個人が販売するためのサイト(プラットホーム)はヤフオクに限りません。
メルカリ・バイマ・アマゾン他たくさんあります。

販売形態としてはオークション形式と固定価格販売があります。

オークション形式はヤフオク・メルカリなど。
固定価格はバイマ・アマゾンなどです。

また、通常は売りたいものを仕入れてから販売するわけですが
注文を受けてから仕入をすることが可能な販売形態としてバイマがあります。
在庫の心配がないのでいいですよね。

物を仕入れてから売るのが基本ですが、仕入が不要なら販売額がそのまま利益となります。
つまり家にある不用品をヤフオク・メルカリなどで販売するわけです。
(アマゾンは不用品の販売は禁止です)

ネットビジネス未経験者が初めて取り組むには敷居が低くておススメです。
古いカメラやレコードなど捨てようと思っていたものが数万円で売れることもあるのですから。

また、ファッションが好きな人なら不良在庫の心配がない
バイマはおすすめです。

不用品販売でネットの仕組みを理解したら、おなじサイトで利益の取れる品物を店舗から仕入れて販売していけばいいわけです。

輸出・輸入転売は覚えることも多くなりますが、その分利益の幅も多くなります。
言葉の心配をされるかもしれませんが、自動翻訳も利用できるので国内と大きな違いはありません。
販売・仕入サイトとしては各国のアマゾン・イーベイなどがあります。

情報系

・クラウドワーク
記事作成・情報集計

・アフィリエイト
ブログアフィリ
サイトアフィリ
メルマガアフィリ
Youtube・SNSアフィリ
広告利用アフィリ(PPC・YDN・GoogleAdwords)

・情報販売

情報系とは価値のある情報を発信しネット利用者の役にたつことで対価を得るビジネスです。

情報の取り扱い方によって幾つかのタイプに分類されます。

1.クラウドワーク

他人の求めに応じて自分の技術・労力を情報という形で提供して報酬を得ます。

新しい働き方として注目を集めているネットビジネスの形態です。
内容はまさに千差万別で、プログラミングやイラスト等の専門技術の提供から
翻訳や編集・記事作成・データ整理まで一般社会で求められているもののほぼすべてです。

2.アフィリエイト

他人の情報(商品・サービス)を仲介することにより報酬を得ます。

自分の記事・サイト・広告を介して広告主に顧客を紹介することにより報酬を得ます。
一般的にアフィリエイトと呼ばれているものです。

ネットでの訪問者を集める為の形式の違いにより
ブログで集客⇒ブログアフィリ
サイトで集客⇒サイトアフィリ
個人広告で集客⇒広告利用アフィリ(PPC・YDN・GoogleAdwords)
と分かれますが、本質は同じです。

なお、ブログについては直接的には他人の情報を紹介しませんが、
主にグーグルが扱っている広告の場を間接的に報酬を得る方式もあってアドセンスと呼ばれています。
自分の記事が読まれれば、それだけグーグル扱いの広告がクリックされる回数も増え、クリック回数に比例して報酬が貰えるわけです。
記事に適した広告はグーグルが勝手に選んでくれますので、なにかを紹介するという行為は必要なく手軽にできますが、報酬単価は低いのでブログへの訪問者を多く集める必要があります、

また、別の切り口では仲介する商品によって
物販アフィリ
情報商材アフィリ
と区別されることもあります。

上記で分かるようにアフィリエイトが種類も多く、ネットビジネスの代表といえるかもしれません。

費用をかけずに手軽に始められるということで、ブログアフィリやアドセンスは人気がありますが、結果がでるまでにそれなりの時間がかります。

広告利用アフィリは名前のとおり、広告を利用することにより集客は簡単ですが広告費が報酬に見合わず
赤字になる可能性はあります。

3.情報販売

自分の情報(情報商材・サービス)を販売することにより報酬を得ます。

自分のメルマガあるいは情報販売専門のサイトがありますので、そこで販売することになります。
利益は大きいですが価値のある情報商材を作成するのは大変なので上級者向けとなります。

選ぶべき副業・ネットビジネスの条件

種類が多くあり、よく分からなかったかもしれません。
結局どれを選べばいいのとかえって混乱したかもしれません。

一番重要なポイントは”自分に向いているかどうか”という点です。

また、同じく大事なことはそのネットビジネスが以下の性質を持っているかです。

1.作業結果が資産になるか
2.作業結果が不労所得(メンテが最少)を生み出すか
3.作業自体に即金性があるか
4.作業はレバレッジを利かせられるか
5.作業は収益/労力の比率が大きいか
6.作業は必要資金が少ないか

せっかくネットビジネスに踏み出すのですからできるだけ早期に無駄なく結果を出したいですよね。

小さくても成功体験を積むという事も重要です。

自分に向いているかいないかを別にして、取り組むべきネットビジネスをその性質から選ぶのなら一番のおすすめはアフィリエイトです。

分かりやすいように表にまとめました。

 

資産性不労所得即金性レバレッジ収益率大無・少資金
転売×××××
クラウドワーク××××
アフィリエイト
(下記アフィリ全体の集約)
×
ブログアフィリ××
サイトアフィリ××
メルマガアフィリ×
Youtube・SNSアフィリ×
広告利用アフィリ×××
情報販売×
※投資系××

あくまで管理人の独断です。

また投資系は性質が違いますが、ネットのみで完結するため比較のため入れてみました。

早期に小さくても良いから成功体験を積むという視点も取り入れると

1.不用品のヤフオクへの出品
2.せどり等の物販ビジネス
3.アフィリエイト

の順番になります。

物販ビジネスは確かにすぐ売れることは多いですが、当然なかなか売れないために赤字販売せざるを得ないということもあるので物販を是非やってみたいということが無ければ寄り道をせずにすぐアフィリエイトに取り組んでもいいと思います。

まとめ

ネットビジネスは大きく物販系と情報系とに分かれます。

物販系の代表的なものは転売(せどり等)です。
情報系の代表的なものはアフィリエイトです。

ネットビジネスに慣れるという意味ではまず最初に不用品のオークションサイト(ヤフオク・メルカリ)への出品販売はおすすめですが、次の段階で物販(せどり等)に取り組むべきか否かは自分に合っているかどうかで決めるべきでしょう。

本業にできるかどうかの視点では物販・情報系どちらも可能ですが、資産可・不労所得という観点ではアフィリエイトがおススメです。
次の記事で詳しく説明しています。

アフィリエイトの種類と初心者が取り組むべきおすすめのアフィリエイトは?
前回の記事でネットビジネスではアフィリエイトがおすすめの旨書かせていただきました。 ただアフィリエイトといってもその種類は多く、具体的にはどれに取り組んだらいいか決められないと思います。 一番大事なのは自分に合うかどうか...

コメント