google.com, pub-2213873217873486, DIRECT, f08c47fec0942fa0 アフィリエイトの種類と初心者が取り組むべきおすすめのアフィリエイトは? | 自力で稼ぐネットビジネス

アフィリエイトの種類と初心者が取り組むべきおすすめのアフィリエイトは?

前回の記事でネットビジネスではアフィリエイトがおすすめの旨書かせていただきました。

ただアフィリエイトといってもその種類は多く、具体的にはどれに取り組んだらいいか決められないと思います。

一番大事なのは自分に合うかどうかだということも書きましたが
そのそも実際にやってみないことには合うかどうかも分かりません。

また、以下の性質の重要性にも触れました。

1.作業結果が資産になるか
2.作業結果が不労所得(メンテが最少)を生み出すか
3.作業自体に即金性があるか
4.作業はレバレッジを利かせられるか
5.作業は収益/労力の比率が大きいか
6.作業は必要資金が少ないか

そこでこの記事ではアフィエイトの種類とその特徴・内容を説明します。

前回の記事内の表を再掲します。

 

資産性不労所得即金性レバレッジ収益率大無・少資金
転売×××××
クラウドワーク××××
アフィリエイト
(下記アフィリ全体の集約)
×
ブログアフィリ××
サイトアフィリ××
メルマガアフィリ×
Youtube・SNSアフィリ×
広告利用アフィリ×××
情報販売×
※投資系××

これはアフィリエイト媒体を基準とした一つの分類方法で、別の視点から分類することもできます。

ブログアフィリエイト

無料ブログや自分で作成したブログを使って稼ぐ最も基本的なアフィリエイトです。

ここでブログとサイトの違いが分からない方もいるかと思いますので(というか、管理人も初めのころはいったいどう違うんだとわかりませんでした)、簡単に説明すると

サイトとはホームページとも呼ばれていて専用の言語(HTML)を利用してネット上に文章や画像を表示するものです。
企業のホームページなどはだいたいこの形式です。
昔はネットにサイトを表示させるだけで大変で言語を勉強して覚え、特別な知識が必要だったためネットビジネスは難しいというイメージが作られました。

ブログはネット表示の難しさを解消するために作られたもので、ネット表示用の大枠が用意されているので普通に文章を書けばネット上に表示されます。

もっとも最近ではサイト作成もそのためのソフトがたくさん出てきていて、難しさでいえばブログとの距離は縮まってきています。

ブログとサイトとの他の違いを挙げると

サイト
・自由度が高い
・表示速度が速い
・大規模なサイト作成に向いている
・どちらかといえば静的

ブログ
・日々更新するようなサイトに向いている
・大規模なサイトの構築は難しい
・どちらかといえば動的

でしょうか。

一般的に言われているブログアフィリエイトというのはブログを利用してアドセンス収入を得るというものです。

アドセンスというのはクリック型報酬の広告でグーグルが提供しているものです。無料で利用できるブログもありますが、2017年にアドセンスを実施できるグーグルのアカウントは無料ブログでは審査に通らなくなりました。

アフィリエイトというのは広告代理店であると書きましたが広告報酬の獲得方法により2種類に分けられます。

クリック型報酬と成果型報酬です。

クリック型報酬とは、商品を紹介する広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生する方式です。商品が売れるかどうかに係らず報酬が発生します。
アドセンスでいえばグーグルが記事に見合った広告を選択して表示してくれますのでどの商品を広告使用かた頭を悩ます必要はなく、商品紹介の記事を書く必要もありません。商品ごとに単価が設定されていますので、「単価×クリック数」により報酬額が決まります。

成果型報酬とは、文字通り、商品が売れたときに初めて報酬につながるアフィリエイトのことです。
自分で広告を選ばなければいけませんし、紹介記事も書く必要があるのでクリック型よりは難易度がたかいのは分かるかと思います。その分報酬単価も高額です。

一般的にアフィリエイトといえばこの形態を指すことが多いです。

また、ブログを作成してアドセンスで収入を得ている人を「アドセンサー」といい、
ブログやサイトを作成して成果型で報酬を得ている人を「アフィリエイター」ということもあります。

またブログに書く記事の内容でも分けられます。

・トレンドアフィリエイト
・ごちゃまぜアフィリエイト
・特化型アフィリエイト

 

トレンドアフィリエイトとは、芸能人や有名人やニュースなどを取り上げ
その日・その時間に検索数が多いであろう記事を書きます。見出し・記事内容がネット検索者のニーズに合致すれば爆発的に検索・表示され結果として広告のクリック数も増えます。瞬間的な検索需要は稼げますが、すぐにその記事の需要は無くなるため、ニュースを追いかけて記事を書き続ける必要があります。
アフィリエイト収入としてアドセンスなどのクリック型報酬です。

ごちゃまぜアフィリエイトは特にテーマを決めず、季節のイベント・ちょっとした疑問への回答・お役立ち記事等、検索需要が多いであろうキーワードについて記事を書くことで訪問者の検索ニーズを満たし結果として広告のクリック数も稼ぐものです。
トレンドアフィリエイトなどと違い爆発的な検索需要はありませんが、需要のあるキーワードであれば継続してアクセスを集め続けることができます。
アフィリエイト収入としてクリック型報酬と成果型報酬両方を見込めます。

特化型アフィリエイトとは、テーマを絞って何かに特化して記事を書くアフィリエイトのことをいいます。
トレンドアフィリエイトやごちゃまぜアフィリエイトとは異なりテーマ絞るので幅広い訪問者は期待できませんが、そのテーマに関心が高い訪問者なので記事の精読率も高まり関連した広告のクリック率も高くなります。記事が増えれば増えるほど、検索エンジンの評価も高まり上位表示されやすくなります。ある程度記事を書きためれば更新頻度が落ちても検索順位が落ちることが少なくなります。
トレンドアフィリエイトが使い捨て型なのに対して記事そのものが資産になる
資産型アフィリエイトといえます。
アフィリエイト収入としてクリック型報酬と成果型報酬両方を見込めます。

サイトアフィリ

ブログとサイトの違いで説明したように、媒体が異なるだけで基本的にはブログアフィリエイトと差はありません。ただ頻繁な記事更新には不向きなので、結果としてテーマを絞った特化型ブログとおなじようなものになります。
特定の商品・悩みの解決・ノウハウの提供等がメインで自分で広告も選ぶこととなります。順序としては先に紹介した商品ありきで、それに関連した記事を書くということです。成果が出るのに時間が掛かりますが、いったん成果が出始めればネット上の資産として不労所得がかせげることとなります。
アフィリエイト収入としては成果型報酬です。

メルマガアフィリ

メルマガを発行して読者と信頼関係を構築したうえで商品やサービスを紹介してアフィリエイト報酬を得る仕組みです。
いったん信頼関係が構築できれば成約率は高いですが、読者の確保・信頼の構築など難しい側面もありあます。つまらないメルマガですとすぐに解除されてしまいます。また住所・電話等の明記が法律で定められていますので、個人情報を開示する必要があります。
アフィリエイト収入としては成果型報酬です。

Youtube・SNSアフィリ

媒体としてYoutubeやFacebook・Instagram・Twitterなどを利用しておこなうもので手法はブログ・サイトアフィりエイトの変形です。

広告利用アフィリ

PPC(Pay Per Click)ともいわれヤフーやGoogleなどに広告料金を支払ってアクセスを集め、自分が掲載した広告から広告主のサイトに誘導して稼ぐ成果報酬型のアフィリエイトです。メリットは広告料を支払うことで検索結果の上位に表示されるのでアクセスを集める手間が省けます。また簡単な文章を書けばいいのでブログ・サイトアフィリエイトと違い文章を書く手間が各段に省けます。

デメリットは広告代がかるので成果が上がらなければ広告代ぶん赤字となります。ただ、表示されているだけでは費用はかからず、広告がクリックされたときにのみ費用がかります。すなわちPay Per Clickですね。

広告に適した商品を見つけられれば、その後は広告費を掛けるだけ報酬も上がるのでネット上の資産ともいえます。

スポンサーリンク

アフィリエイト対象商品による分類

どのような商品をアフィリエイトするかによって物販・情報商材アフィリエイトと分けることもできます。

物販アフィリエイト

Amazonや楽天市場などの商品や独自サイトの商品・サービスを紹介し訪問者が購入すれば報酬がもらえるものです。報酬は販売額の何%方式と定額方式があります。報酬が高いものとしては化粧品・サプリメント・クレジットカードなどありますが、楽天などは販売額の1%が基本です。

情報商材アフィリエイト

悩みの解消方法や、株・FX・バイナリー等で利益を出す手法を解説した情報商材を紹介して稼ぐものです。報酬単価が高いものが多く成約した場合の利益率は大きいですが、形が無いものを紹介するのでそれなりの難しさもあります。

まとめ

アフィリエイトの種類は沢山あり、視点のとりかたで分類も変わります。

媒体を基準とすると
ブログ
サイト
メルマガ
YouTube・SNS
と分かれます。

広告費を掛けるかどうかで
ブログ・サイトアフィリ
PPC
と分かれます。

広告対象で
物販アフィリ
情報商材アフィリ
です。

それぞれ特徴がありメリット・デメリットがあります。

初心者が取り組みやすいのはブログアフィリエイトですが、結果を早く出したいのならPPCも選択肢になります。

また、向き不向きもありますので自分にあったアフィリエイトが見つかったら余所見をせずにその手法を継続することがアフィリエイトで成功する唯一の道です。

ネットビジネス全般の基礎知識はこちらに書いています。

本業にできる副業・在宅・ネットビジネスの選び方
貧富の格差が大きくなり大多数の国民の貧困化が進む日本社会。 一億総中流といわれバブルがはじけると言われながらそれでも所得が毎年上がっていた1980年代。 今思うとギラギラとしていても活気に満ちていました。 今日よりは明...

コメント